映画

映画『ライオン・キング』(2019)ネタバレあり感想 「超実写」の評価はダテじゃなかった

ライオン・キング

2019年8月9日に公開され、「超実写」なんて巷では言われている『ライオン・キング』を見てきました。
『ライオン・キング』といえばディズニー作品の中でも人気で、アニメ映画やミュージカルにと何年も多くの人に愛された作品ですね。
私も幼い頃にアニメ版は見た記憶があるんですが、いかんせん昔過ぎて全く覚えていません笑

そんな『ライオン・キング』ビギナーとも言える私が映画を見て感じたことを書いていきます!
宜しければ最後までご覧ください。

本記事は作品のネタバレになるような内容を含む感想・解説記事となります。
作品を未鑑賞の方はお気をつけください。

『ライオン・キング』のストーリー

まずは今回の映画『ライオン・キング』のストーリーについて振り返っていきます。

動物たちの王国、プライド・ランド。その王として尊敬を集めるライオンのムファサとサラビの間に次期王となる息子シンバが誕生した。シンバ誕生の儀式に大勢の動物たちが集まりシンバを称える。一方、シンバの叔父かつムファサの弟で次期王に選ばれなかったスカーは儀式を欠席し、王になる事ができない自分の立場を呪っていた。

その後、ムファサはシンバに自然界を支配するバランス、サークル・オブ・ライフ (the Circle of Life, 生命の環) について、また王としての心構えについて教えた。シンバは叔父のスカーに自分が王になれることを話すとスカーは”うっかり”口を滑らせてシンバに「ゾウの墓場」のことを話してしまい、スカーは「あそこへは行くな」と忠告するが、シンバはその忠告を無視しガールフレンドで幼馴染のナラを誘い、ザズーの目を盗んでゾウの墓場へ遊びに行ってしまう。しかしそこはなんと、ハイエナ達の住処だったのだ。シンバとナラはハイエナ達に襲われるが、助けに来た父のムファサに命を救われる。帰りにムファサはシンバを厳しく叱り、約束を破ってしまったことを反省したシンバは「父さんみたいな勇敢で怖いもの知らずなライオンになりたかった」と打ち明ける。ムファサはそれに対して「勇気と無謀は別だ。王にだって怖いものはある」とシンバを失う不安があったことと王としての誇りを教え、更に星空を見上げて「歴代の王が見守っている」と諭した。

その頃、傷だらけになったハイエナ達の前にスカーが現れた。実はスカーは自分が王の座に就くためにムファサとシンバを亡き者にしようと、ハイエナ達と手を組んで暗躍していたのだった。今回の作戦が失敗したスカーはハイエナ達に自分の餌を与え、再び作戦を練り直す。ある日、スカーはシンバに「お前を驚かすものがあるから待っていろ、それから吠え方も練習した方が良い」と嘘をつき、荒野に取り残す。シンバは言われた通りに吠える練習をすると、突然地面が揺れ出した。シンバがふと見上げると崖の上のヌーの群れが暴走しだしたのだ。必死にヌーから逃げるシンバだが、とうとう追い詰められてしまった。ムファサは何とかシンバを救いあげるが、今にも崖から滑り落ちそうだった。崖をあがくムファサはスカーに助けを求めるがスカーに裏切られ、そのまま突き落とされてしまった。シンバが崖から降りるとムファサは既に死んでいた。父の死に途方に暮れるシンバの前にスカーが現れ、シンバはスカーに濡れ衣を着せられ追放されてしまった。ムファサの死とシンバの追放によってプライド・ランドは完全にスカーに支配されてしまった。

父親を失い、故郷を追われ、絶望に打ちのめされていたシンバは砂漠で行き倒れになり、ハゲワシに食べられかけた。そこにミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァが現れ、偶然にも助けられた。当初は肉食のシンバを敵視していたティモンだったが、シンバを味方にすれば敵に襲われなくても済むと考えたプンバァの提案を受け入れ、彼を仲間にすることにした。しかし、過去のことで元気のないシンバは2匹と一緒に「ハクナ・マタタ(Hakuna Matata, スワヒリ語で『くよくよするな』の意味)」をモットーとした暮らしを続け、立派なオスライオンへと成長する。しかし、シンバは未だに過去を引きずっていたため、星空について話あった時に2匹にからかわれたため落ち込んでしまう。すると、偶然にもフケが飛び散り、遠くプライド・ランドまで届いたその臭いを嗅いだヒヒのラフィキはシンバがまだ生きていることを確信した。

一方プライド・ランドは、スカーによって荒廃していた。もう食料も残っておらずみんな飢え死に寸前だったが、スカーは王位に就いたことに満足し現状を変えようとしなかった。シンバは、助けを求めて故郷を出てきたナラと偶然にも再会し、王国の現状を知らされる。過去と向き合うことに躊躇し、葛藤するシンバはナラの説得に応じずにその場を出て行ってしまう。落ち込む彼にラフィキと父の幻に導かれ、スカーと対決して王国の平和を取り戻すことを決意する。自由な暮らしが奪われる不安を抱いていたティモンとプンバァもナラからシンバが王国へ戻りに向かってることを聞き、彼の後を追った。

帰還したシンバはスカーと対決しようとした。しかし、スカーは「お前のせいで父親が死んだ。その父親をお前が殺した!」とシンバをなじって崖に突き飛ばし、燃え上がる炎に落とそうとした。その光景を見たスカーは冥途の土産に「俺がムファサを殺した」と耳元で暴露する。それを聞いて激怒したシンバは崖から脱出してスカーに襲いかかる。みんなの前で真実を言わざるを得なくなったスカーはハイエナ達に後詰をさせて逃げ惑うものの、とうとうシンバに追い詰められてしまった。弱気になったスカーは「真実の敵はハイエナだ」と命乞いをして見逃してもらうとするが、シンバにはそんな見え透いた嘘は通じなかった。「無力な叔父を殺す気か?」と弱音を吐くスカーにシンバは「お前とは違う」と返答する。命拾いしたスカーは何でもすると言うが、シンバに言い渡されたのは永久追放だった。スカーは出ていくフリをしてシンバを油断させ襲いかかるが、一瞬の隙を突かれそのまま崖から突き落とされた。スカーが起き上がるとそこにはハイエナ達が待ち伏せしていた。ホッとしたスカーは「真実の友よ」とつぶやくが、前述の命乞いを全てハイエナ達に聞かれており、ハイエナ達からも愛想を尽かされ、食い殺されてしまった。

スカーが倒されたことでプライド・ランドに平和が戻り、シンバは勝利の雄たけびを上げた。そして、シンバはプライド・ランドの新たな王となり、ナラと結婚して、その間に子供が産まれた。(wikipediaより抜粋)

ストーリーはおおよそこの通りでしたので、特に今回の映画で改変となったところは無さそうです。
多くの人に愛される名作なので、下手な手を加える必要はないということですね。
その分、映像クオリティはハンパない出来でした!

登場キャラクター紹介

ストーリーの次は各キャラクターについて独断と偏見を交えて見ていきましょう笑

シンバ

幼少期:父ムファサのように勇敢な王になることを夢みる
青年期:王となる使命を見失い自分の道を模索中
サバンナを治める偉大な王ムファサを父に持ち、“未来の王”としての運命に生まれたライオン。
愛情に包まれ、やんちゃで好奇心旺盛。ムファサから王としての責任を聞かされるも、理解するには幼く、早く父のような王になりたいと無邪気に願う。(公式HPより)

ヘタレ・オブ・ヘタレ()
幼少期に自分の過失により(実際は叔父スカーの策略ですが)父・ムファサ王を亡くしており、再会したナラに懇願されてもプライドランドに戻ることを拒みます。

ラフィキの導きにより自らの存在意義と父の遺志を思い出しスカーに挑みますが、スカーにトラウマを刺激されあっさり怯みます。
スカーが墓穴掘らなかったらどうなったんだろう?

スカーを打倒しプライドランドの王になったあとは善き王として君臨したと思われます。
でも、きっとナラには一度も勝てなかったんだろうなぁ笑

ナラ

シンバこそ真の王だと信じる、美しく芯の強い幼馴染
シンバの幼なじみで大親友。子ライオン時代には、シンバと取っ組み合いをすれば勝ってしまうほど、勝気で活発な女の子だった。
シンバ同様、好奇心と冒険心が旺盛で、一緒に無謀な冒険をしてムファサに命を助けられたことさえある。
シンバが姿を消したときには、“シンバは死んだ”とスカーから聞かされ、深く悲しんだ。
やがて若く美しいライオンに成長した彼女は、スカーの支配によって危機にある王国を救うべく、助けを求めて故郷を後にする。(公式HPより)

テンプレ幼馴染()
作中ではシンバに一度も負けなかった強者。スカーと戦っても勝てたんじゃなかろうか?

ハイエナのリーダー・シェンジとの因縁をずっと根に持って、最後の決戦でもキャットファイトを繰り広げる。
女って恐い。マジで。

息子シンバを厳しくも優しく見守り、後継者として導く偉大な王
サバンナを治める偉大な王でシンバの父。
動物たちの尊敬と信頼を集める。自然界の繊細なバランスを知り、命あるものへ敬意を忘れず、王としての責任のもと、多様な動物たちが生きるサバンナを治める。
威厳に満ちた王であると同時に、シンバの危機には自らの命を投げ出しても救おうとする愛情深い父親。
彼を慕うシンバとは、強い絆で結ばれている。(公式HPより)

超絶イケライオン
善き王であり良き父でした。

死してなお息子を見守り道を示してくれました。

スカー

この世は不公平だと憎み王位を狙う狡猾なムファサの弟
サバンナを治める偉大な王ムファサの弟で、シンバの叔父。
「人生は不公平だ」と考えている。王になれない自分の運命を恨み、あらゆる動物たちが集い祝ったシンバの誕生の儀式にも欠席した。
王の座を狙う彼は、ライオンが統治するのを面白く思っていないハイエナたちと手を組んで策略をめぐらす。(公式HPより)

永遠の二番手
ディズニー・ヴィランズの定番とも言える詰めの甘さでシンバに敗れます。
勝ち確!って思っても油断しちゃいけません。

ザズー

国王に仕えるおしゃべりなサイチョウ(公式HPより)

よく喋るのが玉に瑕な苦労人(鳥)
ムファサ王亡き後も王妃サラビやナラを支えたと思われる。

ティモンとプンバァ

お調子者のミーアキャットと心優しいイボイノシシ(公式HPより)

プライド・ランドを追われたシンバを救った2匹。
シンバに新しい生き方を教え育てた功労者。

ラフィキ

王国の祈祷師の役割を担う謎のヒヒ(公式HPより)

本当に謎。何百年も生きてるって言われても信じるレベルで謎。
キリンに食われたりフンコロガシに運ばれたり紆余曲折を経て自らの所にやってきたシンバの毛を見て、シンバが生きてると悟ったシンバマニア。ちょっとひいた。
最終決戦では見事な棒術でハイエナ達をなぎ倒す。いや、ホント何者。

シェンジとアジジとカマリ

ライオンの統治を快く思わないハイエナたち(公式HPより)

おっかないメスハイエナのシェンジ。実はスカーはいいように利用されてたんじゃなかろうか。
アジジとカマリはお笑い担当。ハイエナが憎めないのは彼らのおかげ?

以上、主な登場キャラクターの独断と偏見を交えた紹介でした!
個性が強いキャラクターたちもこの作品の魅力ですね。

『ライオン・キング』の見どころ

次にこの作品の見どころについてお話していきます。

「超実写」といって過言のないCG


この予告編の映像からも分かる通り、CGがすごいんです!
語彙力が乏しくて申し訳ないんですが、本当にすごいんです!笑

本物の動物が演技しているんじゃないかと思うくらいリアルです。
この映像を十分に楽しむためにも、この映画は”吹替版”で見るのが良いんじゃないかと思います!

秀逸な吹替版キャスト

吹替版を担当したキャストの方々も素晴らしかったです!
威厳のある声でムスファを演じた大和田伸也さん、スカーをイケメンに錯覚させる江口洋介さんが特に良かったです。

そして何よりプンバァを演じる佐藤二朗さんがとにかくすごい!
もはやプンバァが佐藤二朗さんなのか、佐藤二朗さんがプンバァなのかってレベルで馴染んでました。
プンバァがしゃべると劇場も笑いに包まれてましたね笑

それから相変わらず沢城みゆきさんの声がエロかったです。

最後に

この作品のテーマとして「生命の環」というものがあります。
どういうものかというと、草食動物が草を食べ、その草食動物を肉食動物が食べ、その糞や朽ちた動物を養分として草木がが育まれ・・・と生命が循環していることを表しています。
そして、やりたい放題やったスカーの治世では肥沃な大地が広がっていたプライド・ランドは見る影もなく荒廃した土地になってしまいます。

環境破壊が取り沙汰される現代に警鐘を鳴らす作品でもあるのかと感じました。
一度見た方も、まだ見たことない方も、ぜひ見ていただきたい映画です!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。